トランプ ブログ 〜Make America Great Again〜

合唱 旅行 地形 温泉 つれづれなるままに…

合唱を考える②:安積高校2010全国「 i thank you god for most this amazing day」

おはこんばんにちは,trumpです

 

 

-------------------------

1.曲について

2.演奏を聴いた感想

3.まとめ

-----------------------

 

 

1.曲について

 

「i thank you god for most this amazing day」

作詞:Cummings, E. E.

作曲:Eric Whitacre

演奏形態:SATB div.(アカペラ)

 

-------------------

2.演奏を聴いた感想

 

本演奏は2010年に兵庫県コベルコ大ホールで行われた,第63回全日本合唱コンクール全国大会高等学校の部B部門でのものである.

 

 

安積高校福島県内で最も歴史ある高校として県をけん引してきた.

部活動は運動・文化部ともに盛んである.

その一方で,合唱部は男子校時代に全国大会に出場

共学化による混声合唱となってからは残念ながら支部大会を抜けることはなかった

 

第一声

爽やかなCの和音から広がる響き

中学生にも,大人にも,もちろん高校生にもなかなか出せない響き

ホールが味方したのもあり,39名という少なさを全く感じさせない

むしろホール中に甘美な響きが充満した,という印象

上品な声をこれでもか,これでもかと鳴らす

少年のようなソプラノ

それに寄り添うアルト

やや抜けきらないものの,高音が出る出るテノール

非常に軽い響きのバス

これらが有機的に混じりあって生まれたものである

 

中盤

ソプラノの「ドレミ」の糸をひくようなヴォカリーズ

男声が四部になって曲を引っ張る

特にメインを担うセカンドが良い

トップはよく邪魔をしないで歌ってる(笑)

 

そこからバトンタッチしたかのようなソプラノソロ

曲の流れをよく考えた,素朴なソロ

あそこはこう歌うのが正解かと思います

 

ここで途中カットがあるのが残念

まあ,制限時間があるから仕方ない,とはいえ

 

終盤

より一層「音の重なり」を聴かせる構成になってくる

もう少し声のテンションを高めても良かったかな?

弱音は非常に表現できている分,フォルテというか

「ここ!」っていう部分が,やや痩せちゃって聴こえた

そして最後ちょっとテノール疲れちゃったかな?

少し,ほんの少し響きから浮いてしまった印象

あそこでもうちょっとアルトを出すとか

ベースを増やすとかしても面白いかもしれない(無責任

 

 

 

----------------------------

3.まとめ

 

非常に面白い演奏

コンクールの全国大会の

しかも高校の部Bではなかなか聴けない

「エゴイスティック」な演奏だと思う

ただ2つだけケチ(笑)つけるとすれば

 

 

①曲

クラスターが好かん

ちょっと流行って,面白いけど

なーんかウケ狙いというか

内容がないように思われるのは

私の素養・信仰心が足りないせい?

 

②曲つくり

もっとイジっても面白いんじゃない?

いやまあ十分美しいハーモニーで聴かせてくれるんですが

それだけ,っていうか

ホントに申し訳ないのですが

もっと指揮者の味が知りたいというか

もっと指揮者・学生がどんな思いで曲にぶつかったのかが

見えると良かったのかなあ,なんて

それが作曲者の思い・審査員の思いと調和的であるかは別ですが

作曲者の思い=審査員の思い,ではないところが

「コンクールの『面白さ・醍醐味』」であります

その「味・色・アク」がさらに出ていれば

「私は」良かったと思います

 

 

以上!それでは

trump